「アラカン」人生、絶好調

数日前、誕生日だった。

 

55歳である。

 

1の位が5になると、四捨五入で次の大台に繰り入れられる。

 

おおまかにいえば、約60歳、、ということだ。

 

四捨五入して次の台になることを、最近は、「アラ◯◯」のような形で呼ぶようだ。

 

アラサーとか、アラフォーとか、アラフィフとか。

 

じゃあ今度はアラシクスとかいうのかと思ったら、違うらしい(カミさんが教えてくれた)。

 

「アラカン」である。

 

このカンはもちろん、英語ではない。日本語だ。

 

赤いちゃんちゃんこを着る、あれだ。

 

そうか、ということは、自分もぼちぼち長寿を祝われるような年代にさしかかかってきた、ということなのか。

 

これはなかなかに、、感無量である。

 

これと同系統の感慨は、ちょうど5年前、50歳になったときも感じた。

 

50歳といえば、多くの人が、織田信長が好きだったと伝えられるあの一節、「人生50年~」を思い浮かべるだろう。

 

子供の頃は、何の疑問もなく、そんなもんかと思っていたが、自分がその領域に届いてみると、やはりちょっとした感慨がある。

 

ひと昔前の感覚でいえば、もう、いつ死んでもおかしくないぐらいの年齢なのだな、と。

 

で、、今回はさらにその上をいく。

 

なにしろ、赤いちゃんちゃんこである。

 

もはやおめでたい境地、なのである。

 

いや、正確にはまだそこには届いていないのだけれど、「四捨五入すればおおむねおめでたいあたり」までは届いた、のである。

 

おもしろいものだ。

 

50になったとき、「もう、残りの人生は余禄」というフレーズが、ふと脳裏に湧いてきた。

 

もはや、生きてるだけでまるもうけ、なのである。

 

だったらもう、好きなことやって生きよう、と。

 

それが5年前の2013年。

 

あのころから、自分の人生はガラリとシフトチェンジしたように思う。

 

実際に自分の身の上で、ずいぶんいろんなことが起こった。

 

新しい出会いもたくさんあった。

 

逆に、コンタクトがほとんどなくなった関係も、山ほどある。

 

身体系のメソッドでは、それまで野口体操一筋だったところから視野が広がり、骨ストレッチやヒモトレなどに出会った。

 

骨ストレッチのセミナーに初めて行ったのは、たしか2014年。はるか遠い昔のような氣がするけど、実はわずか4年前のことだ。

 

ヒモトレ入門の本が出たのは2017年。これはつい去年。でも、これももうずいぶん前のような氣がする。

 

いま一番興味を持っているのは、心屋仁之助さん(およびそのお仲間の人たち)のココロメソッド。

 

このあいだの日曜日は、心屋さんの定期セミナー「beトレ」に参加してきた。

 

当日のテーマは、「快楽」。

 

心から氣持ちイイと感じることを、遠慮せず、ためらわず、もっと追求しよう、って話だ。

 

逆に、快楽ベースではない判断、たとえば「やったほうが得する」「人としてやるべきである」のような判断でやっていることは、断捨離してしまえ、と。

 

ザクッとしたレビューはこちら

https://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12387876363.html

 

まさに、、、ああ、これこそ、我が意を得たり!なのである。

 

この1年で、僕は、あらたに6本のギターを入手した。

 

5年ほど前に「断捨離」と称して、当時山ほど持っていたギターから、選び抜いた2本以外は全て処分したのだが、そこからこの1年で再び8本まで増えた。

 

なかでも、一番最近ゲットしたのは、Gibsonのアコギの歴史上、最高峰とされる機種、Advanced Jumboである。

 

これはもう、、ポロンと弾くだけでその官能的な音色が放つ恍惚の波動のあまりに身が震えて泣きそうになる、そんなすさまじいギターなのだ。

 

戦前に300本未満しか作られていない、国宝級のギターである。

 

ついこの間までの自分だったら、こんな貴重なもの、自分にはふさわしくないとか、もっと上手くなったら、とか、宝くじに当たったらね、とか、そんな言い訳をして、まず、手を出さなかっただろう。

 

でも、、いや、もう、そんなん、いちいち氣にせんでも、ええやんか。

 

恍惚に浸っちゃえば、ええやん!

 

。。って、遠慮なく思えるようになった。

 

これを快楽と呼ばずして、何が快楽か。

 

ラカン人生、全開である。

 

スライドギターのインスト「どうにかなるさ」

このところ、スライドギターにはまっています。

来月のライブでも弾いてみたいと思っています。

 

2曲、インスト演奏で、動画を撮ってみました。

 

「どうにかなるさ」(かまやつひろし

youtu.be

 

Swamp Dog Blues(Mike Dowling)

youtu.be

 

 

 

●ライブ告知 6月10日 with 浜田隆史 @沖田ギター工房渋谷店

久しぶりに、ライブでギターを弾きます。
浜田隆史さんと共演。
ギターリペアショップの老舗、沖田ギター工房でのインストアライブです。
こじんまりとした空間なので、PAなしの完全生音でやる予定です。

2018年6月10日 14時〜17時(open13時30分)
場所:沖田ギター工房渋谷店(東京都渋谷区東1-2-23 MA東ビル2F)
料金:2000円

第1部 ラグタイムギターライブ 出演:浜田隆史、北村昌陽
第2部 トークショー 出演:浜田隆史、沖田正和 司会:北村昌陽
第3部 Q&A、工房スタッフによる持ち込みギター診断会

★要予約★
下記のどちらかにお電話して、予約してください。
沖田ギター工房千葉本店 043-241-4855(9時〜18時、日曜定休)
沖田ギター工房渋谷店 03-6805-1877(11時〜19時、水木定休)

f:id:sugoikarada:20180524115212j:plain

f:id:sugoikarada:20180524115226j:plain

 

今回は、最近取り組んでいるスライドギターなども織り交ぜて、幅広くいろいろ弾いてみたいと思っています。超楽しみです。

ライブのあとは、沖田正和さんと浜田さんの対談イベント。僕が司会ですが、内容は何も考えてません。どうなるんでしょうね。まあきっと、楽しくなるんでしょう(笑)

Q&Aコーナーや、工房の職人さんたちによるギター診断会もあります。
ご自分のギターを持ち込んで診てもらうこともできますので、希望者はどうぞ。

 

【ももクロ考その22】ももクロ10周年ライブ初日 4人グループとしての船出

昨日は、ももクロの結成10周年ライブ@東京ドーム。

ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-」の初日に参加してきました。

 

いやぁ。見事なパフォーマンスでした。

5人だったときから一皮も二皮もむけた、「新しいももクロ」の姿になっていたとおもいます。

 

僕にとっては、今回のライブが、ももクロが4人になってから初めての大きなライブ参加。

2月に、「ももいろフォーク村」の公開収録@ZEPPダイバーシティーに行ったけれど、あれはももクロのライブってわけじゃないからね。

 

これまで、個々の楽曲、例えば怪盗少女などで、ひとり減った分をどう変更するか、みたいな情報はけっこう流れていたけれど、グループでのライブパフォーマンスで魅せるためには、そういうやりくりだけをすればいいわけじゃない。

 

いままで5人でやってきたという、その“空気感”を、4人グループへと刷新しなくてはいけない。

 

ステージ上の4人が、「4人グループ」に見えるかどうか。

そこが最大のポイントなわけです。

続きを読む

【ももクロ考その21】変化する4人の関係性の中から浮かんできた、新しいももクロ像

昨日(3月15日)は、月1回のお楽しみ、「ももいろフォーク村ネクスト」放送日。

ももクロが4人になってからだと、3回目です。

 

序盤、れにちゃんのめっちゃかわいいソロ新曲で、スタジオ中がぱっと明るくなって・・・

(後ろでパーカション叩いてたフクチョウさんの顔が、にまにまゆるみっぱなしで、、、さては紫推しか?)。

 

そのあとの、しおりん、あーりん、夏菜子と続いたいづみさんナンバーでは、ここにきて皆、歌唱力が一層ぐぐっとアップしているところを示してくれました。

 

そうそう、マホロバケーションでは、新しいパート割りも披露しています。

 

と、、こんな流れを通じて、「4人のももクロ」という形が少しずつ浮かんできたように見えたのが、なにより嬉しいです。

 

ちなみに先月(2月15日)は、Zeppダイバーシティーで公開収録。実は僕も、現地に参加していました。

坂崎さんやバンドメンバーの温かい気持ちが伝わってくる、とっても素晴らしいイベントでしたが(会場全体で歌った青春賦もめっちゃ感動した!)、「ももクロ、どうなっていくの?」という部分に関しては、あの時点ではまだあまりピンとこなかったのです。

 

それが今回、なんとなくですけど、「ああ、こんな感じになっていくのね」っていうのが見えた気がして、、なんだかとても安心しました。

続きを読む

【ギター1本で弾くももクロ】青春賦 有安杏果さんの卒業に寄せて

杏果さんの卒業が発表されてから最初の「ギター1本で弾くももクロ」。
卒業ソングの「青春賦」を取り上げました。

 

youtu.be

 

使用ギターはGibson J-185(1956) 。Gibson のジャンボというとゴリゴリ、ジャカジャカした派手なサウンドのイメージがありますが、実は指で弾くと、しっとりと切ない、こんなメロウな音が出るのです。 

TAB譜をこちらにアップしました。
アレンジ作業中につくった譜面で、その後、弾き込んでいくうちにいろいろ変わった部分も多いため、動画とは一部弾き方が違います。そのあたりを比べつつ眺めてみるのも面白いんじゃないかと思います。

そのギター、買ったまま弾いてるの? ちゃんと調整すればもっといい音になるかも、、というイベントのお知らせ

ギターが好きで、長年弾いているという人でも、楽器の調整やメンテナンスには意外に無頓着な人が、案外多い。

 

楽器屋さんで買った新品のギターは、たいていの場合、そのままの状態では楽器のポテンシャルがフルに発揮されない。ナットやサドルにちょっと手を入れるだけで、驚くほど弾きやすくなり、音も良くなる。

 

古い楽器ならなおさらだ。ブリッジや力木の浮きなどをきちんと直すと、劇的に音が良くなることもよくある。

 

僕自身、何度もそんな経験をしている。

 

そんな経験を僕に味わせてくれたのが、ギターリペアショップの老舗、沖田ギター工房だ。

 

「ギターリペアショップ」という存在は、一般の楽器ユーザーにとって、さほど近しい存在ではない。修理を依頼する場合でも、通常、窓口になるのは楽器を買った販売店だから。

ちょっとした修理なら販売店でできることもあるが、複雑な内容になると、販売店からリペアショップへ修理のオーダーが出る。だから、実際の修理はリペアショップで行われた場合でも、ユーザーとリペアショップが接触する機会は、めったにない。

 

もう10年以上前だが、僕は何かの雑誌で、沖田ギター工房の存在を知った。

「リペア専門ショップ」といういかにも玄人っぽい存在に興味を持って調べたところ、所在地は千葉市稲毛海岸そばだという。当時、僕は江東区に住んでいて、比較的アクセスしやすかったので、ちょうど調整の必要を感じていた自分のギターを担いで、なかば興味本位で訪れてみた。

 

面識なし、アポなしの突然の訪問だったにもかかわらず、沖田社長をはじめ、工房スタッフの皆さんは大歓迎をしてくれた。ギター談義に花が咲き、随分と長居をさせてもらった。

 

修理は、確か、サドル1本お願いしたと思う。

 

新品で買って数年目ぐらいのギターのトップが動き、弦高が合わなくなった。僕は、サドルを削るぐらいは自分でちゃかちゃかやっちゃえっていう考えで、それ用の最低限の工具なども自宅に揃っているのだが、なかなか完全に納得する出来栄えには到達できなかったため、ならば一度プロの手で作ってもらおうと考えたのだった。

(確か沖田社長は、僕が削ったサドルを見て「よくできてるじゃない、問題ないよ」とかなんとか言ってくれたのだが、まあとにかくいっぺん作ってくださいよ、とお願いしたのです)

 

仕上がりは、それはそれはお見事だった。

音の艶やかさやふくよかさが、それまでと全く違った。生まれ変わったようないい音になった。

 

・・と、そんな経験をして以来、沖田ギター工房とは長い付き合いである。

 

そんな沖田ギター工房が、2月18日に、ギタークリニック(無料診断会)を開催する。

渋谷のスタジオで、実際に持ち込んだギターの診断や、調整済み/未調整のギターの弾き比べ体験などができるという。

 

ogs.guitars

 

はい、僕も出かけてみるつもりです。

【ももクロ考その20】4人で新しいももクロを作っていくために必要なこと(主に心理面)

1月21日を境に、4人になったももクロ

いま、メンバーたちは、この先のイベント、全国ツアー、さらに10周年東京ドーム公演などに向け、4人編成のフォーメーションや歌唱パート割りなどに取り組んでいることだろう。

 

やることは山積み。

 

そんな忙しさの中にいるときはたぶん、目の前の課題に集中しているので、それ以外の感情が心に降りてくる暇は、あまりないと思う。

 

ただ、ちょっと時間の隙間が出来たときや、1日のスケジュールが終わって一人に戻ったときなどに、ふと、なんともいえない心細さというか、「不安」な気分が湧いてくることも、もしかしたら、あるかもしれない

 

僕がそう思うのは、、杏果の卒業発表以降、いろいろなメディアに出てきた4人の姿を見ているなかで、そんなタイプの感情の存在を、表情の奥に感じたから。

 

25日の「ももいろフォーク村」に出てきた姿にも、それは感じられた。

まあ、4人のなかでも個人差はあるかもしれないが。

 

それから10日ほど。

 

いまのメンバーたちは、どんな心境にいるのだろう。

 

_____

 

「不安」というのは、いわゆるネガティブな感情の代表的なものです。

続きを読む

【ももクロ考その19】堂々「推し変」宣言・緑推しから、、変わります

21日の、5人のラストライブから10日あまり。。

 

先週の木曜(25日)は、「ももいろフォーク村ネクスト」だった。

 

この時点では、まだ4人になってから数日しか経っておらず、歌の割り付けもほとんどできていない中で、、

 

坂崎幸之助さん、加藤いづみさん、ほかダウンタウンももクロバンドの面々のサポートで、本当に素晴らしい演奏が続いた。

 

いやぁ、、周囲からこんなにも愛されてるんだね、この子たちは。

 

あったかい空気が画面からあふれんばかりに伝わってきて、、その温かさがこちらのココロにまで満ち満ちてくる、そんな感じ。

 

個人的に、特に心に響いたのは、、

 

4人と一緒に、坂崎村長がももかパートをそっくり歌った、「灰とダイヤモンド」。

 

いやぁ、あれは泣くでしょう。

 

楽曲アレンジとしての完成度とか、そういう問題じゃなくてね。

(女性5声で歌っていた曲の1パートをオクターブ下げて男声にするんだから、冷静に見たら無茶なのはあきらか。でもそんなことはどうでもいい)

 

あのタイミングで、あの曲を、残った4人といっしょに歌おうと考えた坂崎さんの氣持ちがね、ずしっと響きました。

 

ちなみに、知らない人のために、こんな歌詞の曲です。

http://www.kasi-time.com/item-67203.html

 

 

そして、しおりんが一人で歌いきった「青春賦」。

映画「幕が上がる」の主題歌だった、卒業ソングです。

http://www.kasi-time.com/item-74908.html

 

当時、5人が制服姿で歌ったのは犯則レベルで胸にキュンときたけれど、、、今、このタイミングでしおりんが歌うと、一言一言の意味がまた全く違うものに聞こえます。

 

それを、噛みしめるように歌ったしおりんの表情が、なんともいえず、ココロに刺さりました。

 

はい、正直に言います。

 

もともとももクロ緑推しだった僕は、杏果が抜けたあとのももクロをどんな氣持ちで見つめることになるのか、自分でも想像ができないでいました。

 

「応援しなきゃ」とか、そういう「べき論」をいうのは簡単なんだけど、、

 

実際に、自分の氣持ちがどう動くのかは、21日の5人のラストライブを見ても、まだよくわからなかった。

 

だけど、、

ももいろフォーク村を見て、、、、そこから1週間ほど経って。

はい、ココロが固まってきました。

 

これからは、4人になったももクロを応援していきます。

 

誰推し、ということでいうなら、、

 

はい、しおりん推しでいきます。

 

・・・こういうのを推し変って呼ぶのかどうかはよくわかんないけど、、、

 

まあ、なんなら別にそう呼んでもらっても構わない。

 

堂々推し変宣言、でいきます。どうどう!たのむよ!

 

・・・いや実はね、去年の暮れに、オーダーシューズを頼んだんですよ。

色やスタイルをチョイスして自分だけのデザインにできるシステムのスニーカー。

 

思いっきり、緑色でオーダーしてました。

 

f:id:sugoikarada:20180202163243j:plain

 

これが届いたのが、やっぱり25日ころだったかな。

 

どんなデザインでオーダーしたんだったか、よく覚えてなかったんだけど、、

箱を開けてこの緑色がみえたときは、もう、ひっくり返りそうになった(笑)

 

「あっちゃ~~~」って感じ。

 

まあ、、、いいんです。これはこれで、普段、履きます。

これをオーダーした時点での、氣持ちの現れだから。

 

それはそれとして、、でもこれからのももクロを応援するうえでは、黄色でいこう。

 

緑のTシャツとかは、、まあ、どこかにしまうことになる、のかな。

 

あ、、いや、あと1回だけ緑を着てやりたいことがあるんで。
(現在準備中、そのうち公開するのでお楽しみに)

それが終わったら、封印することになる、のでしょう、きっと。

 

 
※後日記:「あと1回だけ緑を着て・・」は、結局、こんな形になりました。

youtu.be
着るんじゃなくて、後ろにぶら下げる形で。。



【ももクロ考その18】5人のラストライブ、ももかが去ったステージに残った4人のこれから

 

花束を抱えた杏果の姿が、ステージ下に降りていくエレベーターに消え、、、

 

ステージ上に残ったのは4人。

 

思いのほかあっさりと、、本当に、えぇっと思って見ているうちに、、

4人になってしまった。

 

本当に4人になったんだ。そんな実感が、初めて湧いてきた。

 

胸の真ん中に、ぽっかりと空洞ができたような気分。

 

あーりんが端っこにいるのが、なんだかなじまない。

 

緑が抜けた色のバランスも、暖色系ばかり目について、なんとなく落ち着かない。

 

それぐらい、5人いるのが当たり前、5人いてこそももクロ、と、そういう観念が、頭に染み付いてきたのだろう。

 

もちろん、一番そう感じているのはステージにいるメンバーたちに違いない。

 

だから、そのあと歌った、4人での初めての歌唱となる「あの空へ向かって」は、10年前から歌ってきた古い曲にもかかわらず、どこかぎこちない、地に足のつかない感じとなった。

 

まあ、それは仕方ないだろう。

 

5人ももクロ最後のライブとなった今日の幕張メッセのステージ、僕は残念ながらチケット抽選に外れたので、AbemaTVで見ることになった。

 

5分前から、テレビの前に正座して待っていた。

 

そんな待ち構え方をしていることに気づいたときは、さすがに我ながらちょっとおかしくて苦笑してしまったけど、、、気がついたら、体がそんな風に振舞っていた。

 

ライブスタート。

 

最初の方からもう、なんとなくぎこちない。

 

卒業する杏果本人は、すっかり気持ちの整理ができているようで、晴れやかな笑顔を振りまいているのだが。

他の4人、とくに夏菜子が、表情が硬く、声や動きにもいつものキレがない。

 

まあ、見るこちら側も平常心ではないのでそう見えた、という面もあるかもしれないが。

 

いや、でも、たとえば杏果から夏菜子へと力強くソロパートが繋がれる「白い風」(ファンの間ではこのパートは「二段ロケット」と呼ばれる)での夏菜子の声は、あきらかに普段と違っていた。

彼女独特の倍音がかった金属的なハイトーンが、いつもの伸びやかさを失っていた。

 

涙こそ見せてはいなかったものの、、もしかしたら、「杏果とこの曲を歌うのもこれが最後」という思いが去来した途端、何かがこみ上げてきたのかもしれない。

 

まあ、それも仕方ないだろう。

 

終盤、4人が順番に杏果に語りかけるコーナー。

 

1人目のれにちゃんがいきなり号泣するのは予想通りだけど、“鉄のハート”と評されるあーりんもぼろぼろと涙を流しながら杏果との思い出を語り、いつも冷静沈着なしおりんも、なんともいえず淋しげな表情を浮かべて言葉を詰まらせた。

 

そして夏菜子が涙をこぼしながらこう語る。

「本当は5人で10周年を迎えたかった」

 

そう、今年の5月にももクロは、10周年を迎える。

 

その大きな大きな節目を目前にした、有安杏果の卒業。

 

残った4人が、不安や戸惑いを覚えるもの当然である。

 

・・・4人になってからのステージトークで、客席のファンに向かって、夏菜子の口から何度か、こんな言葉がこぼれた。

 

「私たちについてこいとか、そういう勇ましい感じの言葉はなかなか言えないですけど・・・」

 

夏菜子自身、前に向かって力強く踏み出す気持ちに、まだ、なりきれていないのだろう。

 

10周年記念として、東京ドームという大きな会場のライブが発表され、いままでだったらその目標に向かってぐっとギアを上げていくところだろうけれど、、、今回は、今日のところは、まだ、そうなっていない。

 

それも、仕方ないことだと思う。

 

あの5人からメンバーが欠けるような事態を、誰もまったく予想していなかったのだ。

 

僕自身、このライブ中継を最後まで視聴し、頭ではもちろん、杏果がいなくなったことを理解したにもかかわらず、、、情動的には、まだ4人になったという現実をたぶん受け入れられていない。

 

僕のようなモノノフ歴の短いいちファンでさえ、そうなのだ。

 

まして、これまで苦楽を共にしてきた4人のメンバーにおいては、、現実をしっかり受け入れ、腑に落ちた状態になるには、たぶんもう少し時間がかかる。

 

これは、周囲や本人たちが「頑張れ」とか「しっかりしろ」とか、そういう叱咤をしたところで、どうにかなるものではない。

 

予期せぬ環境変化に対する人間心理の自然な反応であり、、、寒くなったら鳥肌が立つのと一緒で、がんばって克服できるようなものではない。

 

むろん、最終的には時間が解決することだけれど、、、

 

そこまで至るプロセスとして、こういうときは、まず「寂しい」「悲しい」という気持ちのなかにいったん浸り、涙を流したり、思い出話を語り合ったり、、ということをたっぷりやったほうがいい。

 

「私は大丈夫」などと強がらず、湧いてくる感情にどっぷりと浸りきることが、実はそこから抜け出すための最善手なのである。

 

これは、いってみれば、悲しみの「お弔い」。

お通夜で故人を偲んでいろいろ語る、あんな感じのプロセスが、たっぷりとあった方がいい。

 

「お弔い?何言ってるの、縁起でもない」とかいう人がいるかもしれないが、、、

ずーっと身近にいた人が急にいなくなるという意味で、転校や転職と、人の死は、けっこうよく似ている。

 

そして、それらのつらい出来事を克服して前向きな気持ちを取り戻すための段取りとして、お弔いのプロセスは、実によくできている。

こんなときは、先人の知恵として、素直に真似したほうがいい。

 

もちろんアイドルである以上、表向きは元気いっぱいの姿を見せなくてはいけないだろうけれど、、、

メンバー間や、気心が通じたスタッフとの間で、納得がいくまでメソメソしてほしい。

 

ももクロというグループの特徴といえば、いつも元気いっぱいで全力投球。

頑張って、高い目標に向かってチャレンジして、それを克服してきた。

 

「頑張って、成し遂げる」「努力して、成長する」

 

少年漫画などでも多用される、魅力的なストーリーである。

 

だが、この「頑張ればできる」的な世界観が成り立つのは、実は子供の世界だけだ。

 

人は大人になると、世の中には、頑張ってもどうにもならないものごとがある、ということを知る。

 

今回の杏果の卒業という出来事は、ほかの4人のメンバーにとってまさに、この「頑張ってもどうにもならないものごと」に相当するだろう。

 

誰かが悪いわけではないし、誰かを責めることもできない。

むしろ、大好きな仲間の旅立ちを、笑顔で送り出したい、と思っている。それは本音だ。

でも自分の心は傷つき、悲しみがこみ上げている。

そして、その状況に対して、自分ができることは、ほとんど何もない。

ただ、、、受け入れるしかない。

 

と、、こんなふうに捉えてみると、、

 

今回の杏果の卒業は、そこで生じた心の傷みをうまく昇華することさえできれば、もしかすると、残った4人のメンバーの精神性を、一気に大人の領域へと押し上げるのかもしれない。

 

もしそうなれば、、それはももクロというグループの性格にも、大きな影響を与えるだろう。

 

願わくばその先に、今までのももクロとはひと味もふた味も違う、大人の魅力を備えた新しいももクロがあってほしい。

 

いま、言えることはそれだけ。