自分の背中が観えると、、

最近ふと思いついた、ちょっと面白い健康法(という呼び方はやや違和感があるんだけど、まあとりあえずそういうことにして)を紹介します。
「呼吸」「姿勢」「内観」などに興味がある方に、ちょっと試していただきたく。

必要なもの
・大きな鏡(洗面台、ドレッサーなど)
・手鏡

 

やり方
・上半身裸になる
(着衣でも可能ですが、脱いだ方がいろいろ面白い)
・大きな鏡に背中を向けて立つ
・手に持った手鏡で、大きな鏡に映った自分の背中を見る
・そのままぼんやりと、背中を眺める

 

これだけです。

 

「ぼんやり眺める」ってのがポイント。カラダのことをわかっている人ほど、いろいろ分析的に観たくなるかもしれませんが、そこは童心に帰って、ぼんやりと。
で、意識はむしろ、カラダの中(呼吸、姿勢、バランス、緊張など)の変化を観察します。

 

はい、要は、普段あまり見ることのない「背中」の映像が視覚に入ってくることで、呼吸や姿勢にどんな影響が生じるのか、ということです。

 

僕が自分でやってみた感じでは、さまざまなおもしろいことが起きました。とりわけ、初めてやった日は、いろいろ劇的でした。(その後は、徐々に慣れてきた)
ただ、自分一人の経験だけでは、どのくらい普遍性がある現象なのかわからないのです。


なので、興味を持った方は、ぜひ試して、感想をコメントしてください。よろしくお願いしますね〜