読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳は都合よく記憶を書き換える、、を実感できたお話

からだ

年をとると物忘れしやすくなるとは思っていたけれど、あんなに見事に記憶が消えていた経験は、初めてだ。

 

先日、リビングで掃除機をかけていたところ。

かみさんがいつも座っている椅子の足下あたりで、ふと目が止まった。

 

その椅子には、彼女が夏の間ずっと愛用していた、エアレーション機能付きのマットが

置きっぱなしになっている。

ファンを回して座面や背中から空気を送り、涼しい座り心地にする、というしくみだ。

 

電力で動く装置だから、当然、電源を取る必要がある。こいつはUSBケーブルでつなぐ方式。

だから、ケーブルの先端には、USBのジャックが付いている。

 

・・・はずなのだが、床に垂れたケーブルの先に、ジャック部分がない。

ケーブルの末端は、まるでただの紐のようだ。あるべきコネクター部がなくて、そこでブチっと終わっている。

 

よく見ると、中の導線の断面が露出して見える。

 

どうやら、何かの拍子にシャック部がちぎれたらしい。

 

 その椅子はキャスターがついていて、ガラガラ動くので、たぶん彼女が座ってる時にガラッと動いて、コードが引っ張られ、ちぎれたんだろう、と想像した。

 

まったく、もう。

 

夜、カミさんが帰宅したので、その話を振ってみる。

 

「そのマット、コードがちぎれてるけど、どうしたの?」

 

すると、予想もしていなかった返事が返ってきた。

 

「あなたがちぎったんじゃない!」

 

へ???

 

彼女が言うには、ある日僕が掃除機をかけていた時に、椅子を不用意に動かしてケーブルを切ったらしい。

いや、彼女はそのシーンを目撃したわけじゃないんだけど。

あるとき、帰宅した彼女に、僕が「ゴメン、ケーブルがちぎれちゃったよ、、、」と謝った日があったというのだ。

 

そ、そうなんですか?

 

「そうよ、自分で謝ってたじゃない。覚えてないの?」

 

はあ、、覚えてません、、、。

 

まあ、そういうことで嘘をつく人じゃないので、騙されてるわけではない、と 思うけど、、、

 

だけど、全く、本当にカケラも、そんな記憶は、ない。

天地神明に誓って、ない。

 

いや、やってないって言いたいわけじゃない。

 

ここまで見事に記憶がない、ということに、驚いているのだ。

 

ホントに、僕が謝ったの?

 

「そうよ、あなたがちぎったんだってば! これ、気に入ってたのに、夏までになんとかしてくれないと、、、」

 

、、、これ以上突っ込むのは、自分の首を絞めるだけっぽいので、やめておこう。

 

だけど、ホント、驚いた。

 

だって、こういう話って普通、忘れてたとしても、言われたら思い出しそうなものじゃないですか。

 

でも、、、そういわれても、全く何も、思い当たらない。

ホントに、見事に、記憶が抜け落ちているのである。

 

いやぁ、、人間の忘れる力ってすごいなぁ。

 

、、、、なんていう顛末が、たぶん1、2週前のこと。

 

昨日、ふとこの話を思い出した。

 

で、、、その瞬間、さらなる展開に、ぎょっとしたんですね。

 

というのは、、、昨日思い出した僕の記憶の中では、なぜだか、僕が彼女に

「ゴメン、掃除してたらケーブルが切れちゃってさ〜」

って謝ってるシーンが、きちんとそれらしく浮かんできたのである(笑)

 

これは、実際のシーンを思い出したわけじゃないだろう。

なぜなら、ケーブルが切れた瞬間のシーンは、記憶の中のどこをどうたぐっても、見当たらない。

完全に抜け落ちている。

 

こっちが抜け落ちたままで、謝ってるところだけ思い出すのは、不自然だろう。

 

だから多分このシーンは、先日のカミさんとの会話を踏まえて、僕の脳が適当に作り出したものに違いない。

 

「脳は帳尻を合わせるべく、記憶を書き換える」というけれど、ここまで見事な仕事をするんだな。

 

今回は、たまたまこういう経緯の中で、事の次第が明るみになったけれど、普段、まったく気がつかない間にも、記憶がスカッと抜けたり、都合よく書き換えられるといったことが、よく起きているのだろうな。

 

まったく、、、脳って、すごい。