味の「好み」を決める遺伝子から、最適のダイエットがわかる?

現在ミラノで開催中の欧州人類遺伝学会(European Society of Human Genetics)で発表。

このページニュースリリースの上から二つ目。

またはこちらのページ。

特定の味に対する感受性や好き嫌いを左右する遺伝子を発見。

味の好みは、その人の代謝バランス(脂質代謝が強いとか、弱いとか)を反映しているらしい。

そこで遺伝子タイプに合わせた食事を提供すると、より早くやせて、健康になる、、というような話。

ようは、遺伝子診断ベースで個別の体質に合わせた食事療法を提供します、というところを目指しているわけですね。

まだ論文にはなっていないようです。