読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸粘膜の面積はテニスコート並み・・・は間違いだった(論文クリップ)

医療/健康ニュース

ちょっと寂しい(?)ニュース。Scandinavian Journal of Gastroenterologyから

「スゴイカラダ」でも触れていますが、人間の消化管内面の表面積はこれまで、260〜300平米ぐらい、テニスコート並みの広さと見積もられてきました。

ところが、スウェーデンの研究者が電子顕微鏡などを使って改めて見積もった結果、面積は30平米程度、バドミントンコートの半分ぐらいと評価が改まりました。

測定技術は進歩していますから、たぶん今回の計測の方がより正確と思われます。

まあ、常識を疑って再評価を行った研究者には拍手を送ります。

でも、、なぜかちょっと寂しい気分です。。