カラダにまつわる数字シリーズ

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その5「体脂肪率が示すもの」

さて、「カラダにまつわる数字」ということでシリーズエッセイを書いていますが・・・皆さんにとって、最も馴染み深い「カラダにまつわる数字」って、何でしょうか? 細胞の総数や、DNAの長さなどは、数値を聞くと「へーっ」「すごーい」って思いますが、こ…

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その4 「で、37兆って、どれぐらいおっきいのよ?」

ちょっと間が空きましたが、「カラダにまつわる数字」の4回目です。前回、人体を作る細胞の数は(60兆ではなくて)「37兆個」というお話をしました。 これは、2012年に発表された論文をベースに、現時点で最も精度の高い見積もりとして、この数字を…

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その3「人体の細胞数は、60兆個ではなくて、37兆個」

カラダにまつわる数字シリーズ、3回目です。人体の働きについて文章を書くとき、決まり文句のようにしばしば出てくる数字が、いくつかあります。その代表格がたぶんこれでしょう。 「人のカラダは、約60兆個の細胞でできている」はい、多分このブログも、…

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その2「バクテリアと人体、日本の人口密度」

カラダにまつわる数字シリーズ、2回目です。前回に引き続き、今回も、ものの大きさを100万倍に拡大した「ミリオンスケールの世界」を舞台に、話を始めたいと思います。 この世界では、DNAの太さ(2ナノメートル)がタコ糸ぐらい(2ミリメートル)に、…

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その1「DNAの太さと長さ」

さて、今日から新しいシリーズエッセイを書いてみます。 ネタが続く限り、不定期に続ける予定。。 テーマは「カラダにまつわる数字」です。 カラダ系のことをいろいろやっていると、よく、こんな言葉を聞きますよね。 「カラダの声を聞いてくださいね〜」 ま…