【ももクロ考その21】変化する4人の関係性の中から浮かんできた、新しいももクロ像

昨日(3月15日)は、月1回のお楽しみ、「ももいろフォーク村ネクスト」放送日。 ももクロが4人になってからだと、3回目です。 序盤、れにちゃんのめっちゃかわいいソロ新曲で、スタジオ中がぱっと明るくなって・・・ (後ろでパーカション叩いてたフク…

【ギター1本で弾くももクロ】青春賦 有安杏果さんの卒業に寄せて

杏果さんの卒業が発表されてから最初の「ギター1本で弾くももクロ」。卒業ソングの「青春賦」を取り上げました。 youtu.be 使用ギターはGibson J-185(1956) 。Gibson のジャンボというとゴリゴリ、ジャカジャカした派手なサウンドのイメージがありますが…

そのギター、買ったまま弾いてるの? ちゃんと調整すればもっといい音になるかも、、というイベントのお知らせ

ギターが好きで、長年弾いているという人でも、楽器の調整やメンテナンスには意外に無頓着な人が、案外多い。 楽器屋さんで買った新品のギターは、たいていの場合、そのままの状態では楽器のポテンシャルがフルに発揮されない。ナットやサドルにちょっと手を…

【ももクロ考その20】4人で新しいももクロを作っていくために必要なこと(主に心理面)

1月21日を境に、4人になったももクロ。 いま、メンバーたちは、この先のイベント、全国ツアー、さらに10周年東京ドーム公演などに向け、4人編成のフォーメーションや歌唱パート割りなどに取り組んでいることだろう。 やることは山積み。 そんな忙しさ…

【ももクロ考その19】堂々「推し変」宣言・緑推しから、、変わります

21日の、5人のラストライブから10日あまり。。 先週の木曜(25日)は、「ももいろフォーク村ネクスト」だった。 この時点では、まだ4人になってから数日しか経っておらず、歌の割り付けもほとんどできていない中で、、 坂崎幸之助さん、加藤いづみさん…

【ももクロ考その18】5人のラストライブ、ももかが去ったステージに残った4人のこれから

花束を抱えた杏果の姿が、ステージ下に降りていくエレベーターに消え、、、 ステージ上に残ったのは4人。 思いのほかあっさりと、、本当に、えぇっと思って見ているうちに、、 4人になってしまった。 本当に4人になったんだ。そんな実感が、初めて湧いて…

【ももクロ考その17】杏果には自分の人生を好きなように生きて欲しい

有安杏果さんの「卒業」トピック。 昨日の電撃報告から、いろいろと続報が出ています。 とくに、テレビ朝日のインターネット放送「川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし」に5人が生出演し、これまでの経緯やそれぞれの心境などを語ったことで、かなり…

【ももクロ考その16】有安杏果の卒業

※1/16追記 この記事は、僕が杏果さんの「卒業」発表に接した直後に衝動的に書いたもので、事実関係などがよくわからないまま論を展開している部分がありました。翌日になって、改めて書いた記事がこちらにあるので、できればこちらを読んでください。この記…

今年もよろしくお願いします

さて今年はこのブログ、どこへ向かうのでしょうか。 もう少し更新頻度が増えるといいな、とは思っています 笑 ということで、これからも一つご贔屓に、よろしくお願いします。

【ギター1本で弾くももクロ】僕等のセンチュリー クリスマスソングです

今回の「ギターで弾くももクロ」シリーズは、時節柄、クリスマスソングの「僕らのセンチュリー」です。イントロからしおりんが大フューチャーされる曲なので、黄色ウエアで弾いてます。せっかくなのでサンタウエアと合わせてみました。 【ギター1本で弾くも…

ザイドラーがやってきた。

我が家にザイドラーがやってきた。 ザイドラーは、ギターの名前だ。製作家ジョン・ザイドラーの手による、世界最高水準の手工品。 2002年5月に若くしてガンで他界したジョン・ザイドラー(John Zeidler)は、主にアーチトップギターの製作家として有名だった…

ギタ−1本で弾くももクロ 「心の旋律」(有安杏果ソロ曲)

今回の「ギターで弾くももクロ」シリーズは、有安さんのソロ曲を取り上げました。杏果の詞に武部聡志さんが曲をつけた、「心の旋律」。名曲です。 【ギタ−1本で弾くももクロ】心の旋律 有安杏果ソロ曲

【ももクロ考その15】有安杏果 武道館ソロコンサート サイリウム問題から考えるソロシンガー杏果の未来

先週の金曜は、武道館に行ってきた。 ももいろクローバーZの緑担当、有安杏果のソロコンサートだ。 、、、と、ここは記事の冒頭なので一応そういうふうに紹介をしておくけど、今回のステージを見て、もう彼女のライブを紹介するのに「ももクロの緑の子」とい…

ギタ−1本で弾くももクロ 「モノクロデッサン」

ギターで弾くももクロナンバーシリーズ、「モノクロデッサン」です。 youtu.be 5つのカラーにまつわる歌詞なので、ここでは5色のアイテムを身につけています。 ん、、ピンクはどこ? って思った人は、お楽しみに。 いや、、演奏的には突っ込みどころがいろ…

ギタ−1本で弾くももクロ 「希望の向こうへ」&「白い風」

「ギター1本で弾くももクロ」シリーズ「希望の向こうへ」をアップしました。 れにちゃんメインの曲なので、紫装束で。。思いっきりヒモトレ状態で弾いています。 youtu.be 合わせて、「白い風」ニューアレンジ版もアップしました。こちらは杏果さんが大活躍…

【ももクロ考その14】有安杏果 ココロノセンリツvol.1 7.20東京に参加して 今日は苦言です

20日は、杏果さんの「ココロノセンリツvol.1」ツアー最終日@東京フォーラム。 全体として、とても素敵なライブでした。 セットリストなどの情報はもういろんなところに出てると思うので、ここではもうふれませんが、ももクロソングはもうなし。全編にわた…

【ももクロ考その13】天才・百田夏菜子が、朝ドラで身につけたもの(後半)

前回の記事は、タイトルに「夏菜子が朝ドラで身につけたもの」とうたっておきながら、朝ドラの話にはほとんど入らないうちに、時間切れで終わってしまった。すまん。 では、、さっそく続きを。長い話になりそうですが、どうぞお付き合いください。 「前半」…

【ももクロ考その12】天才・百田夏菜子が、朝ドラで身につけたもの(前半)

ちょっと日が経ってしまったが、ちょうど1週間前、先週の木曜、お台場Zepp ダイバーシティー東京に行ってきた。 「ももいろフォーク村ちょいデラックス 百田夏菜子生誕後夜祭 加藤いづみ生誕前週祭」への参戦だ。 去年の夏の「ももいろフォーク村デラックス…

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その5「体脂肪率が示すもの」

さて、「カラダにまつわる数字」ということでシリーズエッセイを書いていますが・・・皆さんにとって、最も馴染み深い「カラダにまつわる数字」って、何でしょうか? 細胞の総数や、DNAの長さなどは、数値を聞くと「へーっ」「すごーい」って思いますが、こ…

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その4 「で、37兆って、どれぐらいおっきいのよ?」

ちょっと間が空きましたが、「カラダにまつわる数字」の4回目です。前回、人体を作る細胞の数は(60兆ではなくて)「37兆個」というお話をしました。 これは、2012年に発表された論文をベースに、現時点で最も精度の高い見積もりとして、この数字を…

ヒモトレ用5色のももクロカラーヒモ

見ての通りももクロカラーですが、これはヒモトレ用のヒモです。 100円ショップにヒモを仕入れに行ったら5色揃ってたので、つい。。(笑) 最近は、写真のように、通常の丸網ヒモの中空部分に、タコ糸などの芯を通して使っています。 こうすると、ヒモの…

5年ほど前のライブ演奏の映像が、発掘されました(笑)

スコット・ジョップリンのピアノ曲「Solace A Mexican Serenade」のギターアレンジ。我ながら、なかなか素敵な演奏&アレンジです。 youtu.be ものの整理や保存が苦手で、自作曲や自分でアレンジした曲なども、しばらく弾かないと簡単に忘れてしまいます。中…

【ももクロ考その11】有安杏果ソロコンビデオ「ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ Vol.0 LIVE」に感じた、シンガー杏果の未来

ももクロの緑、有安杏果が去年の7月3日に行った初のソロコン「ココロノセンリツ vol.0」の映像ビデオが届いた。 はい、こちらの商品ですね。 ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ Vol.0 LIVE Blu-ray キングレコード 2017-05-31売り上げランキング : 312A…

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その3「人体の細胞数は、60兆個ではなくて、37兆個」

カラダにまつわる数字シリーズ、3回目です。人体の働きについて文章を書くとき、決まり文句のようにしばしば出てくる数字が、いくつかあります。その代表格がたぶんこれでしょう。 「人のカラダは、約60兆個の細胞でできている」はい、多分このブログも、…

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その2「バクテリアと人体、日本の人口密度」

カラダにまつわる数字シリーズ、2回目です。前回に引き続き、今回も、ものの大きさを100万倍に拡大した「ミリオンスケールの世界」を舞台に、話を始めたいと思います。 この世界では、DNAの太さ(2ナノメートル)がタコ糸ぐらい(2ミリメートル)に、…

【シリーズエッセイ】カラダにまつわる数字のリアリティー その1「DNAの太さと長さ」

さて、今日から新しいシリーズエッセイを書いてみます。 ネタが続く限り、不定期に続ける予定。。 テーマは「カラダにまつわる数字」です。 カラダ系のことをいろいろやっていると、よく、こんな言葉を聞きますよね。 「カラダの声を聞いてくださいね〜」 ま…

京都の書道道場で、ヒモトレと書道とギターをやってきた

先週の土曜日、京都に行ってきました。 書道家の武田双鳳さんが、ご自身の道場で開催しているヒモトレ講習会に参加するためです。 指導しているのは、“京のヒモ魔人”との異名を持つ、つじ鍼灸院の辻敦志さん。 武田さんには、先日発売になった『ヒモトレ入門…

「体のセンサー」と「ギターの音」、そして「重さを感じる」こと

昨日の記事で、ヒモトレが「体のセンサー機能に働きかける」という話を書きました。 この件に関してFacebookでコメントをいただきまして、そこでのやりとりを通じて、さらに気づいたことがあります。そこで今日は、その話を続けますね。 「ギターを弾く時に…

DVD付き『ヒモトレ入門』発売!

DVD付きの書籍『ヒモトレ入門』が、手元に届きました。 書店発売は、明日。 僕は今回、この本の編集・執筆を担当したので、出版社が発売前に送ってくれました。 外観はこんな感じ。ディスクにヒモの模様が印刷されていて、かわいい〜モデルの萌ちゃんも、い…

熊野市・花の窟神社に行った

昨日、三重県は熊野市にある花の窟神社に行ってきた。新幹線と特急を乗り継いで、東京から日帰りの弾丸ツアーだ。海岸の道路からちょっと脇道に入ったところに、こんな感じで鳥居がある。 脇の説明書きはこんな感じ。読めるかな? 巨岩をご神体とする自然崇…